SNSにおける常識守っていますか?SNSの悪い使用法

SNSの常識的な正しい使い方

SNSってそもそも何?

SNSとはSocial Networking Serviceの略であり、インターネット上で誰でもソーシャルネットワークを作ることが可能なサービスのことです。
基本的な利用目的としては、自己情報のコントロールや人との出会いであり、様々な会社がサービスを行っている。
有名なものではFaceBookやTwitter、Instagramなどが挙げられ、芸能人などもこれらを利用しており、これらのSNSを通じて芸能人を応援するなどはよくある話である。
また学校や職場においても、一種の情報交換ツールとして利用される機会が多くなり、SNSを通じて相手の趣味や好きなものを知る事もできる。
これらのようにSNSは私達の生活に今や深く結びついているサービスなのである。

SNSでは何ができるの?

SNSでは様々な情報を全世界や、特定のグループに向けて発信することが可能です。
SNSでまず基本的なものはテキストを掲載するものであると思います。
テキストはメールやチャット感覚でできます。
ただ違うのは、特定の相手がいるのではなく不特定多数に対して送っているという点です。
最近では写真や動画を掲載するのも流行しています。
友達の遊んだときなどの日常的なものから、海外旅行をしたというような大きな旅行に至るまで、様々なイベントの写真や動画をアップすることが可能であり、友達などとの思い出の共有や、同じ様なイベントを経験した人とのつながりを得たりなど、様々な目的からSNSに写真や動画をアップすることができます。


この記事をシェアする